櫻井家の祖は天幡四郎左衛門と称し、後に伊達政宗より家紋と櫻井姓を賜ったと伝えられる由緒ある家柄である。酒造創業は宝永6年と伝えられているが、明治初年に大火があり貴重な資料一切を消失してしまった。
 昭和18年からは国の企業整備により、それまでの個人経営から石巻酒造株式会社菊水工場として創業を始めたが、昭和31年からは株式会社櫻井酒造店に社名変更、昭和48年の事業共同化まで国の管理下のもと酒造家として繁栄していった。その酒造した銘酒は「天幡正宗」「玉の井」「不老山」「矢本菊水」など数多い。
 昭和48年には規制緩和による日本酒の生産自由化に伴い、19代当主の武寛氏が若手後継者仲間(松本酒造店・松本義雄(松山町)、勝来酒造・鈴木和郎(塩釜市)、浅見商店・浅見紀夫(仙台市))とともに現在の株式会社一ノ蔵の前身を設立したが、株式会社櫻井酒造店は販売促進会社として存続させていた。その後、矢本町の現在地を閉鎖したのは平成5年のことである。